身近で購入する

比較する

グルコサミンは人の体の中にあるアミノ糖のひとつです。
軟骨の構成に欠かすことができない成分としてひざ痛に悩む人にとって、最近身近になったサプリメントといってもいいのではないでしょうか。
ひざ痛の多くは「変形性膝関節症」と呼ばれるもので、その特徴は男性よりも女性に多く発症します。
その理由としては、女性は男性に比べて太ももなどの筋力jが弱かったり、閉経と友の女性ホルモンが減って骨が弱くなっていることが原因となっています。
さらに、中年以降体重が増えてしまうと膝にかかる負担は大きくなります。
そうなると関節軟骨のすり減りがひどくなり、変形性膝関節症を発症しやすくなります。
このようなひざへの負担によって、軟骨の生成が追い付かなくなることをグルコサミンで補ってやることで、痛みから解放されます。

サプリメントはあくまでも「食品」であって、医薬品ではありません。
しかし、最近では変形性膝関節症の治療の一環として「グルコサミン」を処方する病院も増えてきました。
関節軟骨がすり減ると大腿骨と脛骨の隙間が狭くなって関節包、滑膜などの組織にある神経に触ることになって、痛みを感じます。
また関節軟骨がすり減ることで、歩いたり走ったりする時の衝撃がうまく吸収することができないため痛みが出ます。
今痛くなくても注意したいタイプがいます。
それがO脚の人です。
ひざの内側に大きな負担がかかるため変形性膝関節症になりやすく、日本人の多くがこのO脚だと言われています。
普段から重い荷物を持つ仕事の人やO脚の人、急に太ってきた人などは、普段からグルコサミンのサプリメントを摂取して予防するようにしましょう。